最近、一部の界隈で盛り上がりを見せている「ボードゲーム」。
そんな私も2年前にボードゲームにハマり、全国大会の予選に出たりもしました。(結果は無念)
そのボードゲーム人気の火付け役を担っている”JELLY JELLY CAFE”に今回取材させていただきました。

01

大き目のオフィスがきっかけ

ー ここについて調べていたのですが、”JELLY JELLY CAFE”は、元々コワーキングスペースをやられていたそうですね。

和久 そうなんです。元々はWebデザインの会社をやっていて(今もやられています)、事務所を移したのがこの場所なんです。
その時に場所が大きいから「みんなで使えたら」と思ってコワーキングスペースとして使えるようにしたのがきっかけです。

02

ー 「大きからみんなで使おう」ってすごい発想ですね。それからボードゲーム路線になったのはどういう経緯なんですか?

和久 この場所でたまにセミナーやイベントを行ったりしていたのですが、その時にボードゲームのイベントをして、元々オーナーがゲーム好きというのもあってかハマったんです。

ー なるほど。趣味の延長線上にあったんですね。

和久 最初は20種類くらいだったのが今では380種類以上置いてあります。

ー すごいですね!僕もボードゲーム好きなんですけど、ボードゲームって高くてそんなに買えないんですよ。いろんなボードゲームを体験できるっていうのはすごくありがたいです。

和久 そうですね。遊んだことのない新しいゲームができたり、場所や予定などの都合が合わなくて、ボードゲームで遊ぶ機会が作りづらい人が来るには最適な場所です。

ー 新しいゲームやりに来ます!僕は「カタンの開拓者たち」が大好きなんですけど、なかなか人が集まらなかったり、一から説明しないといけなかったり、やれる機会が少ないのでここに来ればいいんですね。ちなみに何かオススメのボードゲームとかありますか?

和久 今人気のゲームは「コードネーム」ですね。ボードゲームといえばドイツなのですが、そのドイツ年間ボードゲーム大賞2016を受賞したゲームです。

自分たちでボードゲームを作る

ー それはやってみたい!カタンの開拓者たちも受賞してますしね。僕が気になってるのが”CUBERICK”なんです。

03

和久 うちが作ったやつですね。

ー え!そうなんですか!

和久 そうですよ(笑)

ー (笑)
   ボードゲームも作ってるんですね、、さすがボードゲームカフェ!すごい!
しかもこのイラスト小山健さんじゃないですか!(大ファン、同郷)

和久 そうなんです。

ー やってもいいですか?

和久 いいですよ。
・・・ゲームの説明を受けている。
ー ボードゲームは他にも何か作られてるんですか?

和久 作ってます。他にもラップのボードゲームや、、

ー ラップ!面白い!

和久 オーナーがラップが好きで。あとは”Catty”と”Jelly”というのがあります。

04

ー 4つも、、、すごいですね。
あ、負けた。もう一回やりましょう!(笑)

和久 もう一回だけですよ。(笑)

・・・ゲームプレイ中

ー 勝ったー!(笑)面白いですね!

和久 よかったです。(笑)

ー すいません。遊んじゃって。(笑)

和久 大丈夫ですよ。

ボードゲームアイドルの存在とボードゲームカフェのジレンマ

ー “JELLY JELLY CAFE”について調べてて一番気になったのが、ボードゲームアイドルなんです。「ボードゲーム作る」、までは分かるんですが、「アイドルを作る」っていうのは、

05
和久 ボードゲーム業界のパイを広げるために、アイドル業界の人にボードゲームを広めていくというのがアイドルプロデュースの狙いです。今、ボードゲームの曲も完成していて振付を作っています。

ー 「一緒にボードゲームができる」アイドル、、ってことですね?

和久 そうですね。JELLY JELLY CAFE をはじめ、他のボードゲームカフェ、ボードゲームイベントで運が良ければ出会えるかもしれません。

ー 一緒にカタンやりたい、、。コワーキングスペースから始まってアイドルプロデュースまで、、やってることが本当に幅広いですね。

和久 最近、メディアでちょくちょくこの場所を取り上げられていただいているんですが、やっぱりテレビの影響力や芸能人の影響力はすごいと実感しています。

ー 忙しくなりました?

和久 土日はほとんど満席ですね。デイタイム(13:00~18:00)とナイトタイム(18:00)に分かれているんですが、13時か18時に来ていただければ座れると言った感じです。

ー すごい人気ですね。平日なら座れますか?

和久 すごくありがたいです。平日は大体座れると思います。メディアの力でお客さんは増えたんですが、ボードゲームカフェって実はリピーターを作りにくい場所でもあるんです。

ー そうなんですか?

和久 嬉しいことに、何度もお店に来てくださっている方もいらっしゃいますが、ボードゲームにハマってお気に入りのゲームを見つけると、それを買って誰かのお家等で集まって遊ぶこともできてしまいますので。

ー あぁ。

和久 ですので、常に新しい人に来てもらうにはどうすればいいかを考えています。話題のゲームはいち早く取り入れたり、サイトを分かりやすくしたり、スペースを明るく心地よい場所にしたり、アイドルをプロデュースしたり、、。

ー なるほど。ボードゲームにハマるきっかけが”JELLY JELLY CAFE”だとしてもハマると使わなくても良くなる、っていうのはすごい大きなジレンマですね。

和久 私たちはそれで構わないと思っていて、一人でも多くの人にボードゲームを広めたいという気持ちでやっています。

ー “JELLY JELLY CAFE”がボードゲームの宣教師になっているんですね。

和久 まだまだ伸びしろがあるのでこれからも頑張って行きます。

ー 本日はありがとうございました。

和久 ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
仁田直人

仁田直人

コワーキングスペース、カフェなどスペースの取材を主に行っている。今の目標は「オンカロ」に取材に行くこと。あ、嘘です。でも普段人がいけないような場所を取材してみたいと思っている。曾おじいちゃんが画家だったらしいので、僕も絵を描いたりします。下手です。蛙の子の蛙の子は蛙じゃなかったみたいです。 趣味:落語、短歌、テニス、映画鑑賞