“ニューヨークの朝食の女王”と評されるレストラン「サラベス」の国内全店(新宿/品川/東京/大阪)では、ローストして細かく砕いたヘーゼルナッツを加えたチョコレート、“ジャンドゥーヤ”を使用し、サラベスの看板メニューである「フラッフィーフレンチトースト」をアレンジした『ジャンドゥーヤ フレンチトースト』が(1,450円・税込)を11月1日(ルミネ新宿店は12月1日)より始まります!

sub1

ジャンドゥーヤ フレンチトースト

main

今回、冬のイチオシメニューとしてサラベスに期間限定で登場する『ジャンドゥーヤ フレンチトースト』は、サラベスのフレンチトーストの一番の特徴ともいえるふんわり食感を生み出す、卵とバターの豊かな風味が楽しめる特製ハッラーブレッドに、ジャンドゥーヤチョコレートをサンドして焼き上げた一品。ジャンドゥーヤに薄いクッキー生地を砕いたロイヤルティーヌをプラスすることで、サラベスならではセンスをピカリと光らせ、サクサクとした食感と香ばしい風味を心地いいアクセントにしています。たっぷりのホイップクリームとベリー、バナナと一緒にお楽しみ頂けます。

「サラベス」について

sub2

「Sarabeth’s(サラベス)」は、ニューヨーク出身の女性サラベス・レヴィーンにより、1981年NYのアッパーウェストサイドに創業しました。家族に伝わるレシピで作るフルーツスプレッド(果物の甘味をいかした砂糖控えめのジャム)を はじめ、フレンチトースト、パンケーキ、エッグベネディクト、ワッフルなど伝統的なアメリカの朝食メニューの“ヘルシー&リッチ”な味わいから人気です。

レストラン格付けガイド「Zagat」ではニューヨークNo.1デザートレストランに選ばれ、「New York Magazine」からは“NYの朝食の女王”と賞賛され、多くのセレブリティも足を運び、映画「恋するベーカリー」で主演のメリル・ストリープに 調理指導をしたことでも有名です。
現在はニューヨークに10店舗、フロリダに1店舗、ソウルに1店舗、台北に1店舗、日本国内に4店舗(新宿/品川/東京/大阪)を展開しています。

国内店舗

img_11

ルミネ新宿店  新宿区新宿3-38-2 ルミネ2 2F  TEL.03-5357-7535 (JR新宿駅 南口 徒歩1分)
品川店 港区港南2-18-1 アトレ品川 4F  TEL.03-6717-0931  (JR品川駅 港南口 徒歩3分)
東京店 千代田区丸の内1-8-2 鉃鋼ビルディング 南館2・3F  TEL.03-6206-3551 (JR東京駅 八重洲北口 徒歩2分)
大阪店 大阪市北区梅田3-1-3 ルクア イーレ B1F   TEL.06-6147-7257 (JR大阪駅 直結)