近年、東京都内だけでもその被害は約2000件にものぼるとされている痴漢被害。
現行犯でないと逮捕が難しかったり、たとえ現行犯で仮に逮捕できたとしても本人が被害届を出さない以上は逮捕が難しいとされる一方で痴漢冤罪などの問題から、まだまだ法整備が間に合わない事例の代表格ではあるが、そんな痴漢被害を技術の力で解決に導こうとする事例をご紹介致します。

痴漢防止アプリ『Don’t Worry』

Don’t Worryは、Bluetoothを利用して近くのユーザーにSOSの発信および受信をするスマートフォンアプリです。
痴漢被害者がアプリからSOSを発信すると近くのアプリユーザー(半径10m程度)に通知が行われます。
誰がSOSを発信したかは受信したユーザーにはわかりません。
また、SOSを受信するためにはアプリをインストールしてBluetoothをオンにするだけです。
つまり、アプリをインストールしておくだけで、痴漢犯罪の抑止に貢献できます。

d20672-1-620230-0

開発の背景

現状、痴漢被害者は泣き寝入りすることが多いと言われています。
・知られるのが恥ずかしい
・人違いによる冤罪
・注意して加害者が逆上する可能性
等の理由により声を上げることができない人が多数いると考えられます。
そこで『Don’t Worry』では、誰が発信したかわからず、音も出さずに周囲のユーザーに通知することにより、関心を引き寄せることができます。

fotolia_42587965_subscription_monthly_m-599x399

今後の展望

痴漢防止アプリ『Don’t Worry』は、本当に痴漢防止の役に立てるのでしょうか。
法整備が間に合わない世界に技術でもって切り込んでいくことは、この先も色々な分野であらわれそうですが、これによって痴漢被害が少しでも減ったならと思います。
開発元であるチョットデキル株式会社のビジョンは下記のように語られています。

sos_2

本アプリのユーザーが増えて認知されることにより、痴漢犯罪への大きな抑止力になるはずと考えています。
そのためには自治体や企業等との連携も視野に入れており、本アプリのコンセプト(痴漢撲滅・抑止)に共感・共鳴してくれるユーザーや企業への協力を呼びかけていきます。

詳細情報

■Don’t Worry公式ページ
http://chottodekiru.com/app/dw/

■アプリURL
App Store : https://itunes.apple.com/jp/app/dont-worry/id1079358576?l=ja&mt=8
Google Play : https://play.google.com/store/apps/details?id=com.chottodekiru.dontworry

■チョットデキル株式会社について
社名:チョットデキル株式会社
住所:〒141-0031 東京都品川区西五反田7-9-4 クロッシングビュー7F
代表:秋元 京平
設立:2015年10月
資本金:200万円
URL:http://chottodekiru.com/