今回はミュージシャン出張演奏サービス”Philher Method”(フィルハーメソッド)の代表を務める鏡味佑太郎(かがみゆうたろう)さんにインタビューさせていただきました。
音楽業界の現状に疑問を抱き、自ら事業というカタチで課題解決を行う若き事業家の等身大のメッセージです。

yuutarou

音楽をもっと身近で楽しめるものへ

イ:Philher Methodとはどういうサービスなのでしょうか
鏡:出張演奏サービスですね、從來のホールに音楽を聴きに行くというやり方ではなく、演奏者自らが出向いて演奏を行うサービスです。日頃から音楽を楽しんでいる人にとっては当たり前なホールでの音楽鑑賞って慣れない人にとっては「何を着ていけばいいのか」とかそんなレベルで迷ってしまうんですよ。僕らは音楽ってもっと身近で楽しめるものであっていいのではないかという考えのもとこのサービスを運営しています。

イ:主にどんな場所に出張演奏しているのですか?
鏡:人々が集まりやすい場所、例えば公民館、学校、カフェやバーなど、色々な場所でこれまで行ってきました。銭湯でも演奏したことがあります(笑)

イ:銭湯ですか?楽器とか大丈夫なんでしょうか?
鏡:っておもいますよね。そこの銭湯は、もともとよく演奏会とかをやっている銭湯で楽器にも気を使ってくれていますし、銭湯って天井高いじゃないですか?音響完璧なんですよね。来てくれた方も満足してくれていました。

img_0508

イ:そうなんですね。本当にいろいろな場所で演奏しているのですね。ちなみにどんな曲を演奏しているのですか?
鏡:クラシックミュージックばかりを演奏しているかというと意外とそうでもないんですよ。有名所のポップスとかも弾きます。リクエストとかがお客さんから来ることもあるので、結構何でも弾けるようになっていますね。そういう意味ではお客様との距離が近いのは出張演奏の魅力かもしれないですね。

音楽業界の”当たり前”を変えたい

イ:なるほど。そもそもこのサービスを始めようと思ったキッカケってどこにあったんですか?
鏡:自分自身、中学生の時からオーボエ奏者としての道を歩んできて、ずっと音楽と向き合う人生を送ってきたのですが、プロと言われる領域にいる音楽家って本当に氷山の一角だし、音楽を楽しむ人々の割合も届ける母数が小さいからこそ、少なくなっている。結局、自分達が芸術としての価値を上げればあげるほど、オーディエンスの数は減っていって、自分達の首を苦しめている。これが今の音楽業界の現実なんですよ。
そもそも価値なんて、聞き手が決めることであって、奏者自身がそれを決めてしまったらそれって自己満足なんですよね。

img_0478

イ:鏡味さんにとってこの仕事をしているときの一番の幸せってなんですか?
鏡:今時、オーディオ機器のクオリティってめちゃめちゃ高いじゃないですか?わざわざ生の音を聴きに足を運ぶ必要性ってなかなか感じ取ってもらえないんですよ。僕らはそれを届けに行くことで感じ取ってもらいたいと思っています。「やはり生の音はいい、ライブはいい」聴いてくれたお客さんがそう言ってくれている時、とても幸せを感じますね。

イ:ありがとうございます!最後に今後の展望に関して聞かせてください。
鏡:そうですね。僕らのビジョンとしては「全ての日常を音楽で非日常に彩る」なんですよ。そういう意味でいくと実はまだまだ届けられていなくて、もっともっと多くの日常に音楽を届けていきたいです。それこそスマホアプリとかで簡単に呼び出せてしまうような世界が来たらもっともっと音楽って身近なものになってくれると思っています!

鏡味さん、ありがとうございました。
Philher Methodのホームページは下記URLよりご参照ください。

http://lumpgather.com/PhilherMethod/