みなさん、BOKS(ボックス)プログラムと言うのをご存知でしょうか?
BOXでは無いですよ。BOKSですよ。
今、このBOKSプログラムと言う運動プログラムが米国を中心に行われてます。
今回はそんなBOKSプログラムについてご紹介していこうと思います。

BOKSプログラムとは何か

BOKSプログラムは、幼稚園や学校の授業が始まる前に行う米国発の運動プログラムです。
『脳を鍛えるためには運動しかない!』(NHK出版)の著者であるハーバード大学医学部のジョン・J・レイティ博士の理論を基に開発された運動プログラムで、これにより児童、生徒の学力が大幅に向上したことで教育業界に大きな衝撃を与えました。

lgf01a201412310500

BOKSプログラムの手順
1.準備体操(標準時間5~10分)
運動前に体と心をほぐす輪になっての準備運動。声を意識して出すことで、積極的に体を動かせるようにする。
2.ランニングアクティビティ(標準時間10分~)
体を動かし体温を上げるジグザグ走やジャンプなどを取り入れたランニングで、体を温める。
3.グループゲーム(標準時間15分~)
体だけでなく、頭も使って楽しむ遊びをベースとした、作戦やチームワークが必要とされるゲームに取り組む。
4.クールダウン
整理運動をし、徐々にクールダウン体操などで参加者全員に同じ動きをさせ、気持ちを一つにするのも目的。

BOKSプログラムの特徴

BOKSプログラムを行う上で運動神経は関係ありません。ゲーミング性を組み込むことでどんな子供でも楽しめるようになっています。

普段は使わないような筋肉を使うことで脳や体幹に刺激を与えることが出来ます。

 

BOKSプログラムの効果

lgi01a201312181900

運動不足の解消はもちろんのこと運動神経の向上が期待できます。

20分ほどの運動で脳が活性化し、学力向上が期待されております。

BOKSプログラムを行ったところ生徒同士の喧嘩、いじめが減少したデータがあります。

日本発!?ビジネス版BOKSを体験

2016年12月にオープン予定の仕事と運動が融合したワークスペースCo-nectにてビジネス版BOKSのプログラムが体験出来ます。
このCo-nectは『脳を鍛えるには運動しかない!』(NHK出版)の本を参考に構想、建設されたワーキングスペースです。
日本初のブレインアスレチックなどの設備を用いてBOKSプログラムをビジネスパーソン向けに改良しました。
img_8283ps
仕事の生産性を高められる独自BOKSプログラムを是非、体験してみてください。

 

Co-nectのチケットをCampfireにて先行販売中