ボルタリング、皆さんも一度は体験したことのあるクライミングスポーツであると思います。

ボルダリングは、動体視力や生まれ持った体格、そして体力などに左右されにくい誰でも挑戦できるスポーツと言われていて、腕力のない女性や子供でも、ボルダリングの本質である柔軟なカラダの使い方やバランス感覚によって、筋力のある男性よりも上達が早まったりするスポーツと言われていて、こういったクライミングスポーツはオリンピック競技の有力候補として注目されています。

3de9736df4a914bb_h480

ボルタリングが美容と健康に良い理由

様々な要因がありますが、ボルダリングが美容に良い効果をもたらす理由の一つに褐色脂肪細胞の活性化があります。

ボルダリングは、脂肪を燃焼させる褐色脂肪細胞が多く存在する肩甲骨まわりの筋肉やインナーマッスルの脊柱起立筋をよく使います。褐色脂肪細胞が多く存在するこれら筋肉は、デスクワークなどの日常生活では使うことが少なく、また他のスポーツでもなかなか鍛えることができません。ボルダリングはムーブと呼ばれる独特な登る動作により、これらの筋肉を全方位で使うことが多く、効率よく刺激することが可能なのです。

50yvBOlSjEs3nrn2zRnrSNPoy9E9QGpF_0

ボルダリングの動作によって刺激を与えられた筋肉は柔軟性を取り戻し、筋肉の可動域が拡大することで褐色脂肪細胞が活発に働き出します。褐色脂肪細胞がスムーズに働き始めると、脂肪が燃焼し自然と引き締まったスリムボディーを手に入れることができます。

3ヶ月も続けると高いフィットネス効果による美容効果がきっと実感できるはずです。

またボルダリングは脳と直結している反射区(つぼ)が集中している手足を刺激することによって、自律神経のコントロール器官である脳を活性化させ、ストレスによって乱れたカラダとココロの不調を整えるリラクゼーション効果をもたらします。

ボルタリングは集中力がアップする!?

ボルタリングを行っていると、ウォール(壁)を半分まで登った時点で次の一手が見つからず、身動きがとれなくなった時、信じられないような集中力が宿ることがあります。今まで見えてこなかったルートが見えることもありますし、小さいホールドの特徴を瞬時に判断し、神がかり的な体勢を繰り出すこともあります。

集中力

落ちるかもしれないという恐怖に対峙し、肉体的な限界に直面したとき、私たち人間の奥底に秘められた潜在的な集中力が目を覚ますのです。プロのスポーツ選手がシーズンオフにボルダリングをトレーニングメニューに加えているのは集中力を養うためと言われています。

体力が全てではない”知的スポーツ”としてのボルタリング

ボルダリングは筋力などの身体能力だけでは上達が難しいスポーツです。上達するには身体能力の向上に加えて、独特な動作(ムーブ)で壁をよじ登る技術、そしてチェスやパズルゲームを解くような戦略的思考能力が必要になってきます。

278df2add2c1bc7e_h480
静的なゴルフと動的なサーフィンの魅力を兼ね備えているボルダリングは知的スポーツの代表格で、今や世界中で幅広い年齢層から支持されているのです。

まずは試してみたい!そう思った方は

今や全国に500軒近く存在するボルダリングジム、それらの多くは体験コースという一日楽しめるものが存在しています。是非ともお近くのボルダリングジムを調べてクライミングライフに挑戦してみては、いかがでしょうか。